産後の女性は育児以外にも悩みが多く、特に身体の事に関しての症状が多くなっています。

出産というのはとても体力を使い、産後は自分が思っている以上に身体が弱っているのです。

育児と家事をこなしていると無理をしてしまう場合もあり、気づいたら手首の使いすぎによる腱鞘炎や、産後鬱などの悩みを抱えてしまうという場合もあります。

悩みの中には自分で回避出来る物と、ある程度仕方のない物とがありますが、乳腺炎は日々のマッサージによって予防が可能になっています。

乳腺炎の原因としては食事内容や育児の疲れ、赤ちゃんの母乳の吸い方などがありますが、なるべくマッサージを行い、熱がこもらないように冷やすことで悩みが解消されます。

出産によって歪んでしまった骨盤の影響で起こる尾てい骨の痛みや、尿失禁、産後太りなどの悩みを抱えている人もいます。

これらの症状は骨盤を元の位置に治してあげ、筋肉を鍛えることで解消されます。

産後は身体が思うように動かせないので無理はせず、日常生活で簡単に出来る範囲で行いましょう。

どの症状も悩みとしてはよくある事ですが、無理をせず症状がよくならない場合や、痛みがとれない場合は医師の診察を受けるようにしましょう。


■産後の抜け毛

産後、抜け毛に悩む女性は意外と多くいるようです。

妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発なため、普段よりも髪の寿命が長くなり抜け毛が減ります。

出産後には女性ホルモンの分泌がいきなり元の状態に戻ってしまうため抜け毛が増えてしまうのです。

妊娠中に髪の寿命が延びたことによって一時的に髪の量が増えた状態から、ホルモンの減少によって成長の止まった毛が抜け始めるため、余計に抜け毛が増えてしまったと感じるようです。

産後にいきなり抜け毛が増えるため心配になってしまうこともあるでしょうが、この時期に起こる抜け毛は生理的なもので、病気などが隠れていることは少ないようです。産後3~6ヶ月の間に起こる抜け毛のことを「分娩後脱毛症」といいます。

また、なれない子育てや寝不足がストレスとなり抜け毛の原因となることもあります。

しかし、心配しすぎるとかえってそれがストレスになってしまうので、あまり気にすることなく様子を見てもいいでしょう。

人気サイト


無添加のサラヴィオ化粧品
大人ニキビ化粧水
イオン化粧品

GOOGLE
Copyright © 2012 産後の悩みについてのあれこれ. All rights reserved